トップページ >> ファイナンシャル・プランニング技能検定の評価

ファイナンシャル・プランニング技能検定とは?

FP ファイナンシャル・プランニング技能検定(以下 FP検定)は、顧客の資産に応じた貯蓄・投資等のプランの立案・相談に必要な技能の程度を検定する国家試験です。


FP検定は、レベルに応じて1~3級までの試験が用意されています。3級に関しては受験制限はありませんが、1・2級はそれぞれ受験資格が必要となってきます。


FP検定の評価

FP検定資格は、主に資産の運用に関する相談業務が主となりますので、金融機関や保険会社、不動産関係にお勤めの方にとってはとても有効な資格となっています。


また近年では、特にIT関連の企業でファイナンシャルプランナーの知識を持つ人材が優遇されて来ていますので、あらゆる業界でも最も評価が高い資格の1つとなっています。


さらに年金や退職金に関する不安が増大しているため、ファイナンシャルプランナーの価値はさらに高まってきていますので、年金のスペシャリストである社会保険労務士や会計のスペシャリストである税理士及び公認会計士さらに中小企業診断士との相性も非常に良く、ダブルライセンスで最も人気のある資格の一つとなっています。


現状では「何か一つでもいいから資格を取っておきたい」という何を取得していいかわからないような方には、「それなら絶対にファイナンシャル・プランニング技能士!」という形で強く推奨しています。


スポンサードリンク


ファイナンシャルプランナーの稼げる度

FP技能検定に合格するとし登録すると、名刺等にFP(○級ファイナンシャルプランニング技能士)のような記載が可能になりますので、営業などにもかなり有利になると思われます。


もちろんファイナンシャルプランナーは、保険の外交員や金融関連企業の社員だけでなく独立開業としての魅力も大きく持ち合わせています。


「サラリーマンは2度破産する」等の書籍でもお馴染みのファイナンシャルプランナーの藤川太氏は、10,500円という決して安いとはいえない相談料の相談を年間に○件受けた事もあるんだそうです。


それだけ、専門的な知識を求められる職業ですので今後もかなりの需要が見込まれます。


資格試験の難易度

難しくない FP技能士検定試験の特に3級であればそれほど難易度は高くありません。むしろハードルは低めの試験と言えますので将来的にFPとしての独立等を考えているのであれば、まず腕試しに3級試験にチャレンジしてみましょう。


FP検定3級であれば、基礎知識がある方であれば数週間、基礎知識が全く無い方であっても1~2ヶ月程度の学習期間で十分合格が可能な試験になっています。


なぜ難易度が違うか?というと通常の資格試験にはかなり珍しい2択の問題が出題されることが大きな要因になります。2択であればある程度山カンでも当たる事がありますので、それほど細かい知識の習得が不要となる利点があります。


それともう1点3級検定試験は、選択肢に引っ掛けが少ない傾向にあります。もちろん資格試験ですのである程度の惑わす質問はありますが、迷った時は比較的素直に解答すれば答えに辿り付く可能性は高くなります。


とはいえ特殊な専門用語が多く出題される試験ですので、金融や保険などの専門的知識が無い人がいきなり独学で始めるとかなり高い確率でつまづいてしまいます。最短距離を走り、短期間での取得を目指すなら専門の講座を受講すべきでしょう。