トップページ >> 資格適正診断の結果

あなたに適した資格は?

ご回答ありがとうございました。皆様の環境にあった資格をご紹介していきます。


自分の適正に合致した資格


今の職種でステップアップして収入を上げたい又は転職したい


転職


これまでの経験を活かし転職活動を有利にしたり、社内でのライバルに差をつけたいという方は全く異業種の資格を狙ってはいけません


例えば不動産関連の仕事をしていた人がIT関連の資格を取ってもあまり意味がありませんし、IT関連の業務をしていた人が法律関係の資格を取得してもあまり有効では有りません。将来的に独立を考えているのであれば異業種の資格は効果的ですが、自分が掲げた目標が収入増もしくは転職というのであれば同業種で上位の資格を目指しましょう。


<スキルアップにお薦めな資格>
情報処理技術者宅地建物取扱主任者ファイナンシャル・プランニング検定など


現在の勤め先や業界は未来が無いので新たな道へ進みたい


新たな一歩


現在勤めている会社には将来性が無い、現在勤めている業界は需要が下がる一方なので他業種に進みたい。という方は、会社員でいられるうちに資格取得などの自己啓発に努めておきたいところです。


会社はいつ倒産するかもわかりませんし、縮小傾向の業界では10年後の自分の姿が想像できないと思います。ただ、その時大事な事は将来どんな自分になりたいかキッチリとした目標を立てることです。


会社員としての経験を活かして他業種に転職するのか?それとも一念発起して独立するのか?現在の立場に不安を感じている人は、まずここから始めてみて下さい。


<他業種への転職にお薦めな資格>
IT関連ベンダー資格情報処理技術者、簿記検定、ファイナンシャル・プランニング検定など


<一念発起して独立する時に役立つ資格>
税理士社会保険労務士行政書士、あん摩マッサージ指圧師など


現在無職なので学習時間は十分ある


フリー


現在無職という状況でも人それぞれ環境は異なると思います。ここでは2つのパターンに分けて考察してみましょう。


【無職でも数年間は生活に困らない】
しばらく親元で過ごせるとか前職時代に溜めた貯金があるという方は、是非市場価値も高いが難易度も高い資格に挑戦してみましょう。


会社勤めをしてしまうと学習時間を作るだけで精一杯です。その点無職であれば学習時間は抱負に作れます。実際に難易度の高い国家試験のいくつかは、会社員よりも無職の方の合格率が高くなっている試験も多く存在しますので、現在の環境を目一杯有効活用してみる事をお薦めします。


<学習時間が豊富に取れる方にお薦めな資格>
司法書士公認会計士税理士、土地家屋調査士など


【無職のためすぐにでも就職活動をしたい】
現在事情により無職で、出来れば早く仕事を見つけたいという方は短期間で取得できる資格に絞りましょう。


例えばIT関連に就職したいとお考えであれば、情報処理技術者試験などのように年に1回か2回しかない試験を待っている余裕はないと思います。それよりも短期間で取得できる資格試験を突破して、1日も早く就職活動に本腰を入れる環境を整えるべきでしょう。


<短期間で取得できる資格>
ITパスポート(情報処理技術者)IT系ベンダー試験各種、日商簿記検定など


今会社員として働いているが将来的に独立したい


会社員


資格取得をして将来的に独立開業を目指すのであれば、まず絶対に会社を辞めてはいけません


会社を辞めても生活に困らないという人はごくわずかだと思いますし、仮に資格を取得しかたらといってすぐに独立して成功するものでもありません。会社員として働きながら資格を取得して、辞めても困らないような準備を整えてから独立する事を強く推奨いたします。


そのため将来の独立に役立ち、さらに会社勤めをしながらでも十分に合格できる資格に焦点を合わせると、資格取得もスムーズになり独立するまでの時間を効率よく使う事が可能になります。


<脱サラして独立するのに適した資格>
税理士社会保険労務士行政書士、あん摩マッサージ指圧師など


長年専業主婦をやってたが子育てが落ち着いたのでそろそろ就職したい


主婦


長く専業主婦をやっている方の場合、若い頃のキャリアがほとんどリセットされてしまいますので、なかなか正社員としての採用は難しいのが現実です。


ですが、医療事務や歯科事務の業界は慢性的な人手不足です。そのためご家庭やご自身の生活環境に応じたちょっとわがままを言えるような職場を探す事も可能になります。


資格の取得もそれほど困難ではありませんし、一度取得してしまえば日本全国で就職先を探す事が可能となりますので、専業主婦や子育て中の主婦の方には最適な資格と言えるでしょう。


<専業主婦や子育て主婦に推奨する資格>
医療事務、調剤薬局事務、歯科事務など


現在就職活動中。とにかく安定して働ける業界を目指したい


安定


ここ数年の不況の流れか、若い世代の人達は安定した企業、終身雇用してくれる企業を目指すようになっているようです。もちろん日航や東京電力を見ればわかるように真に安定している企業なんて存在しませんが、それでも不安定なベンチャー企業よりも土台が安定した企業に人気が集まっています。


そうなれば最も安定しているところ=(イコール)公務員が人気になるのも頷けます。とはいえ、これから先は公務員も改革路線に飲み込まれるのは確実ですので、以前のような安定感を求めるのも難しいかもしれません。


とはいえ、やはり日本及び都道府県、市町村となれば安定度は一般企業とは計り知れませんので、まだ年齢的に間に合う世代であれば試験だけは積極的に受験しておくべきでしょう。


<公務員関連の資格試験情報>
国家公務員、地方公務員など


プライバシーポリシー

スポンサードリンク

スポンサードリンク