トップページ >> 将来有望な資格は?

将来を考える

将来 将来を見据えて今後最も有望な資格は何なのか?やはり気になるところです。


せっかく苦労して勉強して取得したのに、将来全く役に立たなかったとなってしまっては、意味がありません。
今度どんな資格が有望で、どんな職種の価値が上がっていくのか考えていきましょう。


今後の日本社会は?

まず将来有望な職種を考えた時、今後の日本社会は外すことの出来ないキーワードです。


現在の少子高齢化の社会は今後益々進むことが予想されます。それにより人口は縮小し、日本国内の消費は減少することが予測されますので、間違いなく今後一昔前のような高度成長が日本に訪れることはないでしょう。


とはいえ、日本はまだまだいろんな産業を抱えた経済大国なのは間違いありませんので、数十年で衰退してしまうような国力ではないとも言えるでしょう。


ですので、国内の産業にもまだまだチャンスがある一方、グローバル化の流れをもはや止めることは出来ませんので、国際的基準の能力は求められるでしょう。


少子高齢化で何が必要

少子高齢化社会を考えた時、まず真っ先に必要とされるのは介護及び医療の産業です。


これらの業種は今後人材難が叫ばれることはあっても人が余るということは非常に考え難い業界ですので、介護・福祉・医療関係は根強い人気となるでしょう。


さらに高齢化社会を考えると、老後の年金や保険などの資金に関する需要も増えることは予想されますので、ファイナンシャルプランナーや社会保険労務士などの需要も高まると思われます。


グローバル化で何が必要

グローバル グローバル化を考えれば、やはり語学力は必須スキルとなるでしょう。


英語はもちろん中国語、韓国語などの言語を操れるようになれば、国内だけでなく海外でも需要が高まる人材となり得ることが可能ですので、最低でも母国語のほかにもう一言語操れるようにはしておきたいところです。


語学以外であれば、ITの流れも無視できませんのでITスキルも間違いなく必須となってきます。さらに金融などの知識を加味すれば、あらゆるステージで有効となってくるでしょう。


グローバル社会を考えた時有効なスキルは、英語・IT・金融と考えると、今後人気が高まるのは「TOEIC」「情報処理」「FP」あたりになってくると予想されます。


スポンサードリンク